窒素ガスを入れると、どんな効果があるの?
@タイヤ空気圧の安定 空気中の酸素はゴムへ浸透しやすく、何もしなくても自然にタイヤの
空気は抜けてきます。その点窒素は酸素と比べてゴムへの浸透率
が低いことから空気圧の低下がほとんど見られません。
(窒素ガスは普通の空気と比べてゴムへの浸透率が1/3〜1/5
程度減少します。)
A燃費の向上及び走行性の安定 窒素ガスを入れることによってタイヤの圧が一定に保たれる事から、いままで起こっていたタイヤの空気圧低下による燃費の低下を抑えることができます。また空気圧不足によってタイヤの接地面が無駄に増えることもなくなるため快適な走行性を保つことができます
B温度変化によるタイヤ内の圧力変化の低減 100%の窒素ガスを充填することによって、ふつうの吸気に含まれる酸素や水分と言った熱により膨張しやすい物質がなくなるため、温度上昇によるタイヤ内圧の変化が起こりにくくなります。
Cタイヤノイズの低減 窒素ガスは普通の空気に比べると音の伝達率が低いため、タイヤノイズが車内に伝わりにくくなります。

以上の効果が得られる窒素ガス。一度お試しください。